カテゴリ:未分類( 19 )

一身上の都合で

お引っ越し致しました

ココ

引っ越し先でも食べてます^^;
[PR]
by buumimi | 2008-03-26 23:36

鰹の一本喰い

d0061677_1355760.jpg

<鰹刺身>
鰹、青シソ
<鰹甘辛煮>
鰹の心臓、、キモ、白子
<ししとう>
ししとう、平天、おかか


*鰹の一本喰いです。
(あ〜「万人〜」の方も見てくれている人には、ものすご過去のpostにありましたね)
(あえてリンクはしませんっ。だって〜さぼり過ぎがばれるもん)

ま 
そういういきさつで、鰹を一本丸ごと食べたわけです(どういう?)

つまりは、、、
とても美味しかった。
と。
めでたしめでたし^^
[PR]
by buumimi | 2006-09-06 13:10

奥が深い食いしん坊

いかにbuumiが食いしん坊であっても、美味しい物を美味しく頂く為には。大変な条件が必要であると言う事を、ただいま身に染みておるところですが、、、、

条件

「心」で食べる
いかに美味しい物であっても「心」が感じなければダメ
美味しい物を美味しいと感じる「心」が大切

「体調」
美味しい物を頂く時のマナーとして、絶対必要ナノは良い体調
美味しい物を隅々まで消化しなければなりません

「繰り返す」
旬のモノは毎年キチンと、旬の時期に味合わないと、今年この物がどんな風に美味しいかを的確に判断でき無くなってしまうでしょう

美味しい物によっては
「訓練」も必要
例えば、『苦み』が加わる美味しさは、大変むずかしいとされます。
季節柄食材として
鮎のウルカ(おいしいよね〜)
鮎のキモ(まろやかよね〜)
コレはなかなか解ってもらえない
やはり、子供頃からの舌の鍛錬の賜物でしょう
なぜ、それが解るのかと言うと
苦瓜は苦いからです。
きっと、南国に住み、子供の頃から食べている人はきっと、あの苦みの中に、違う味を感じている事でしょう。。。。。
とか、
思ったりするのです。

美味しい物を頂く時の最大のマナー「心と身体の良好」をもって、美味しい物に戦いを挑みたい。
そして、『参りました〜降参ですっぅ〜もうどうにでもしてぇ〜』と、打ちのめされたいbuumiであります。
[PR]
by buumimi | 2006-08-02 00:30

食べたん

d0061677_1533427.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-14 15:33

食べたん

d0061677_21524817.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 21:52

食べたん

d0061677_21495828.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 21:49

食べたん

d0061677_830451.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 08:30

食べたん

d0061677_827229.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 08:27

食べたん

d0061677_8261021.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 08:26

食べたん

d0061677_8243599.jpg

[PR]
by buumimi | 2005-08-13 08:24